練馬区中村橋の整体 カイロ院 ナチュラルメッセージ

筋膜とは
産後骨盤矯正
坐骨神経痛とMPS
マッスルエナジー
面圧について
リフレクソロジー

メニューと料金
施療の流れ
出張について

院内の様子
プロフィール

アクセス
良くある質問

ホルモンバランスに関して(女性必見)
お勧めの書籍

当院では筋膜に重点を置いて施術しております
身体のあちこちを包んでいる筋膜は、最終的に途切れなく続くネットワークを形成し繋がってます

当院
当院では筋膜に重点を置いて施術しております

では何故筋膜に重点を置いて施術しているのでしょうか?

それは筋膜が身体の動き、形状に決定的な役割を果たしていて、

筋膜の不調が各種の症状の大きな原因となっている事が多いからです

では少し筋膜について説明してみましょう

筋肉という言葉は誰でも聞いたことがあると思いますが、筋膜は聞き慣れない人の方が多いと思います。

筋膜とは筋肉を包んでいる膜のことです。ソーセージの中身が筋肉とすると、ソーセージの皮の部分が筋膜だと思ってください。

実際には、筋繊維の一本一本も
筋膜で包まれていますし

骨や靭帯にも筋膜がありますが
ここでは省略します。



当院

わかりやすくするために、
筋肉を包む膜ということを
イメージしていただければ結構です。

(筋膜という名がついてますが実際には筋膜は筋肉だけではなく骨や内蔵などあらゆる組織を包んでいて全身もウェットスーツのようにピッタリと包んでいます)

実は身体の歪みや整体などで扱う症状は筋膜由来がほとんどです

筋肉の大きな働きの1つは体を動かすことです。筋肉が収縮することで骨格が動きます。筋肉の役割は体を動かすものと捉えてください。

一方、筋膜は動かすのではなく体を支える役割を果たしています。

筋膜が私達1人の人間の、身体の形状や位置を形づけているのです。

見た目の姿勢(骨格・筋肉)だけではなく、身体の内側にある内臓の位置も筋膜の状態によって左右されています。
そのため単なる運動動作に限らず、内臓器官の働きにも影響を与えています。

ということは、筋肉が正常だとしても、ケガ・緊張・ストレスなどによって、筋膜が短くなったり、硬くなったり、他の筋膜と癒着したりして形を変えたり硬化したりすると骨格や筋肉のバランスが歪みます
(実は骨盤の歪みなども筋膜由来の物がほとんどです)

テンションのバランスが崩れると、よい姿勢を維持する為に筋肉が頑張らなくてはいけなくなりますから、疲れやすくなったり、コリが生じやすくなります。

その状態が進行すると、痛みやしびれが生じることになります。

また内蔵にも悪い影響を及ぼしていきます

姿勢の悪くなるのは筋膜の不具合から
筋膜は表皮のすぐ下で全身をタイツのようにおおう浅筋膜(せんきんまく)と深筋膜(しんきんまく)、筋肉を包む筋外膜(きんがいまく)、

筋肉の中で線維を束ねる筋周膜(きんしゅうまく)や筋内膜(きんないまく)といった具合に、筋膜は何層にも重なっていて、しかもあらゆる膜が連続的につながっています。

姿勢を維持する力は、かなりの部分を筋膜のテンションが支えています。“第二の骨格”と呼ばれるほど

 筋膜の中には、コラーゲンとエラスチンという2種類のたんぱく質線維が、メッシュ状に張り巡らされている。
コラーゲンはほとんど伸びないが、エラスチンは伸縮性に富み、2.5倍もの長さまで伸びる。

日ごろよく動いている部位の筋膜は、エラスチンがよく伸縮する。だが、あまり動かない場所のエラスチンは動かない


当院
するとコラーゲンがエラスチンにまとわりついて凝集し、伸縮性を失う。膜同士が接していれば、互いに癒着する

いわばコラーゲンが凝縮して固まった「煮こごり」のような状態(筋膜内のコロイド状基質もそれに伴って固形状にゲル化する)

(右の図は、神経、毛細血管、コラーゲンによって満たされた、神経、血管、繊維のネットである筋膜組織の一部を表現したものである)

当院
例としてパソコン姿勢でいえば、動きの少ない肩甲骨(けんこうこつ)や
鎖骨(さこつ)まわり、常時いすで圧迫される太もも裏などは、“煮こごり化”している可能性が高い

痛みは筋肉から?筋膜から?

筋肉痛という言葉がありますが、神経の多くは筋肉の内部よりも表面の筋膜に存在します。つまり、筋肉痛は筋膜痛というほうがより正しい言い方と言えるでしょう。

関節や筋肉の痛みと思っていたのが、実は筋膜の異常で痛みを作り出していることが多いのです。だから筋膜の異常、つまり筋膜の緊張を解放してあげることが疼痛を和らげるカギになります。

筋膜の相互関係

筋膜の繊維は身体中に網の目のように張り巡らされています。
筋膜の繊維をセーターに例えてみましょう。

もし、セーターの繊維が1本どこかに引っ掛けて引っ張られたとしたらどうなるでしょうか?

セーターの形は崩れてしまうし、その1本の繊維がつながっている先の部分に緊張を引き起こすかもしれません。
つまり、ある部分の異常が全く違う部分に現れるということなのです。

これは肩とか腰の痛みだけでなく、内臓の異常が表面の筋肉や皮膚に現れることもあるということです。
ちなみに、経絡というツボの流れのラインがあるのですが、このラインが筋膜の繋がりのラインと一致している部分が多くあります。

筋膜の理論で考えると、4000年の歴史から積み上げられてきた東洋医学も理解しやすくなるかもしれません。
足裏などの反射区なども、内臓とつながっているのがこれで理解しやすいのではないかと思います。

このように症状の原因になっている部分を見極めて元の状態に戻してあげれば症状は自然と回復に向かっていきます。


筋膜の異常による血液やリンパの滞り

身体は筋膜という結合組織の繊維の塊です。
その繊維の隙間をぬって、血管やリンパ管、神経が身体中に張り巡らされています。

そして筋膜の癒着や緊張、歪みによって、血液やリンパ液の流れが滞ってしまうと、筋肉に酸素や栄養の供給不足が生じて、緊張やこりが取れないままになったり、内臓器官の機能が低下したりします。

リンパ液の流れが悪ければ、むくみや免疫力の低下にもつながります。
また、神経への酸素や栄養の供給不足、圧迫により、痛みやしびれが引き起こされます。

例えば、ねじれたホースに水が流れているイメージです。
ホースがねじれたまま、リンパ液を流そうとしても、血流を良くしようとしてもあまり効率は良くありません。
このねじれたホースを元に戻すことで、水は自然とスムーズに流れていきます。

当院の筋膜の施術方法

長々と筋膜の説明をいたしましたが今までの説明を読んで頂きましたらいかに筋膜が身体の健康の維持や、痛みやしびれ、運動制限、内蔵不調、などに深く関係し、これを整える事が非常に重要かご理解して頂けたかと思います

ではどうやって当院では筋膜調整をしているかですがその前に代表的な筋膜の施術法をご紹介いたします

筋膜リリース
一見「指圧」のようにも見えますが、あん摩、指圧、カイロプラクティック等の類似技とは全く違うもので、「筋膜組織の一部にプレッシャーをかけると筋膜組織全体が反応し、持続圧を保つと自発的解放(リリース)が始まり、神経や血管組織への負荷や筋拘縮が起こした骨格を正しいアライメント(位置)に戻す。」という繊細なテクニックです

トリガーポイントへの施術
あらゆる肉体的、精神的ストレスは、多かれ少なかれ身体に異常を引き起こします。
自覚のあるなしにかかわらず筋肉の緊張、血行不良が起こり、またそれらが特徴的なポイントに硬結(コウケツ≒こり)を発生させます。
そのポイントをトリガーポイントと言います、このトリガーポイントを探し出し、適切な刺激を与え硬結を解消してゆく事で筋膜も緩ませる事が出来ます

マッスルエナジー
マッスルエナジーという、筋肉が等尺性収縮(筋肉の長さが変わらないで力が入っている)状態の後に緩むという性質と筋肉の緊張に関係している自律神経に作用する呼吸法を同時に用いたテクニックで筋膜の拘縮を改善して関節の可動域、動かした時の痛みを改善していきます

上記のテクニックに改良を加え施術いたします

当院ではマッスルエナジーは既存の方法通りに使用いたしますが「筋膜リリース」と「トリガーポイントへの施術は」は独自の方法でミックスしたやり方をしています

梨状筋のような深部にあるデカくて極めて固く固着して取りづらい筋膜の硬結には肘頭を使い筋膜リリースのセオリーを用いて緩めていきます

また拇指(親指)以外の人差し指、中指、薬指の指頭を多用することで首などの複雑な部位、細かく散りばめられた硬結を筋膜リリースの考え方とトリガーポイントの手法をミックスしてピンポイントで緩めていきます

ピンポイントで緩めることによりロルフィングなどのように全体的に筋膜を伸ばすやり方とはまた違った効果が期待できるのです

筋膜全体を引き伸ばす手法との違い

一般的な筋膜リリースやロルフィングでは、筋膜上に残っている緊張を、
筋膜を最大限に引き伸ばすことで解消できる、と考えるようです。

ですが全体を引き伸ばすことでバランスが変化するため、
最後にはバランスを整える必要があります。


筋膜上の緊張は、実はライン(紐状)になって現れます。
しこり・塊になっている場合もありますが、
それも毛糸玉のようにラインが同じところをぐるぐると巻くことで出来たものです。

全体を伸ばす手法では組織間の緊張度の違いは解消しにくいので、
緊張の痕跡=ラインは薄まりつつも残っていたりします。

一方でピンポイントでのこの筋膜の緊張したラインへのアプローチは組織間の緊張度の違いを解消しやすいという利点があるのです

(全体的に筋膜の緊張を取るのも大いに利点はあるのですが症状を改善する事に私は重点を置いてますのでピンポイントの施術を主に使ってます)

以上、非常に長くなりましたが何故当院が筋膜に重点を置いて施術をしているかの説明となります

(筋膜の調整以外にもリフレクソロジーによる自律神経や内蔵反射の施術、面圧による関節の調整なども行っております)

備考          なんで筋膜は硬くなるの?
単細胞生物の昔、動物はアメーバのように身体を変形させて移動してました

アメーバの動きはゾルゲル転換と言いますが、半固形状のゲルは形を保持、半流体状のゾルは形を崩し流れるという変化をして移動してました
食物を目指して行くときのこの意志的相転移は何ともすごいものがあります

筋膜にはその性質が色濃く残っているのです

筋膜はコロイド状基質の中にあるコラーゲンでできています。
(普段よく見るコロイド一例:牛乳、ゼリー、寒天、雲など)

不良姿勢、過度の使いすぎ、ストレス、冷え、運動不足などなどで、本来流動性のあるゾル状の筋膜内のコロイド状基質が流動性の無い半個体のゲル状に変化してしまいます

上手く熱や圧を加えることで、コロイド状基質が半固体状態のゲルから液体状態のゾルへと変化しコラーゲンの柔軟性と適応性が大きくなります

癒着したり硬くなった筋膜も正しい触れ方や施術ができると瑞々しい状態に変化していきます。

そんな性質を持つ筋膜を、適切に触れて整えていくと体の中心軸の回りに、筋肉や骨、その他が集束され整し、体の縦軸が伸びて、見かけもスッキリしてゆきます

実際に術前、術後の筋膜はビックリするぐらいに違います、カチンカチンがフニャフニャとなったりすることもしばしばです(笑)


戻る

COPYRIGHT(C) ナチュラルメッセージ ALL RIGHTS RESERVED.