練馬区中村橋の整体 カイロ院 ナチュラルメッセージ

筋膜とは
産後骨盤矯正
坐骨神経痛とMPS
マッスルエナジー
面圧について
リフレクソロジー

メニューと料金
施療の流れ
出張について

院内の様子
プロフィール

アクセス
良くある質問

ホルモンバランスに関して(女性必見)
お勧めの書籍

なぜ産後骨盤矯正をするの?

妊娠中期から胎児の成長と共に骨盤も徐々に横に広がっていき出産時には赤ちゃんがスムーズに出てこられるように骨盤・恥骨結合部が柔軟になり産道を通って赤ちゃんが出てくるので骨盤は更に広がってしまいます。

また出産の時には全体的に関節・筋肉・腱が緩んでしまう為、普段より体に負担がかかり大きく重たくなったお腹の影響で骨盤の歪みや腰痛が生じたり産後も骨盤の開きが残ってしまったりします。




なぜ産後骨盤は広がるの?

分娩時、胎盤で産生される(最初は卵巣で産生される)リラキシンrelaxinというホルモンの作用で恥骨結合軟骨および仙腸関節が緩みます。

場合によっては巨大児の出産や産道が狭い場合など、分娩時に恥骨結合が開き過ぎ、または恥骨結合軟骨が損傷し、恥骨結合が離開したまま元に戻らないことがあります。

また、出産後約6週間で、母体の生殖器官の形態および機能が妊娠前の状態にもどりますが、この6週間の間に骨盤が歪むような姿勢や動作をしていると、恥骨結合が離開したままになってしまうことも考えられます

説明

どうやって矯正するの?

産後骨盤が拡がったり歪んだりしている方はほとんどの方が仙腸関節が緩んでいたり、可動性がなくなっている方がほとんどです。

この仙腸関節の位置と可動性を回復させることで骨盤の恥骨結合なども整っていきます。

仙腸関節の緩みを改善するには股関節周りの筋肉や靭帯の緊張を取りバランスを調整してやる事が重要です。

いわゆるバキバキ系では元々緩んでいる仙腸関節を更に緩ませかねません、なので仙腸関節に深く関係する股関節周りの筋肉、特に奥の方にある梨状筋という筋肉を緩ませることが非常に効果的な場合が多いのです、ですからこの梨状筋を中心に筋肉や靭帯のバランス取っていくことがメインの施術となります。




      梨状筋
一番奥の方にあり、けっこうでかい筋肉
でその下に座骨神経や血管があるので
この筋肉が固まると骨盤の歪みだけで
なく坐骨神経痛や下半身のむくみ、
下半身太り、などの原因になることも
多いです。

骨盤の歪みからくる不具合とは

骨盤が何らかの原因で歪むと、体にさまざまな症状が現れてきます。

たとえば、骨盤の中にある仙骨は、深く女性ホルモンと関係しているので、この仙骨が歪むと、生理不順や不妊などの問題が生じる場合があります。

また、肌荒れにもなりやすくなります。

「腰椎」は骨盤と連動しているのですが、それが歪んだり傾いたりすると、腰痛を引き起こす原因となります。

また、骨盤がどちらかに傾いていると、大腸がうまく機能せず、便秘や下痢の症状が出やすくなります。

骨盤の腸骨は、1日のうちに何度も開閉しているのですが、何かの原因によって、広がり過ぎて閉じづらくなったり、逆に閉じた状態のままになったりすることがあります。

骨盤が開いたままになると、腸骨で支えられていた内臓が下垂してきます。

それにより、内臓の機能が低下するので、冷え性になりやすくなります。

骨盤は頭蓋骨にある後頭骨と連動しているので、骨盤が広がってしまうと、顔の骨格にも影響し顔が大きくなりますし、骨盤が歪むと顔の骨格までも歪んで、顔がいつもむくんで見えてしまうそうです。

さらに、骨盤が広がると、それと同時にお尻も大きくなったり、下半身に肉が付きやすくなったりします。

大腿骨は骨盤と連動しているので、骨盤が開くと大腿骨も開き、足が外側に向きやすくなります。

そして、O脚やX脚になってしまったり、猫背になったりと、悪い姿勢になってしまいます。

逆に骨盤が閉じたままですと、なかなか寝付けなかったり、不眠になったりします。

正常な状態だと、寝ているとき骨盤はもっとも開いています。

ところが、緊張していたり、不安なことがあったりすると、いつも骨盤が閉じたままになり、眠れなくなって不眠となってしまうのです。

また、いつも緊張状態であることから、怒りっぽくなりますし、常にイライラしてしまいます。

このように、骨盤の歪みは、体のさまざまな部分や精神面に、悪影響を与えることになります。





戻る

COPYRIGHT(C) ナチュラルメッセージ ALL RIGHTS RESERVED.